ペットのごはんは、人間が食べても大丈夫?

ペットのエサで一番重要なのは、栄養のバランスです。

ペットの食事といっても、ペットショップやホームセンターに行ってみるといろんなタイプがあり、選択するのも一苦労だと思います。

動物が必要とする栄養素は、炭水化物、脂質やビタミンなどと人間と同じようなものですが、人と犬、猫とでは適切な栄養バランスは違うものです。

ペット用のエサはペットショップやスーパーなどで購入できるかなり一般的なペットフードには、乾燥したタイプのドライタイプと、缶などに入ったウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプでは水分が抑えられる一方、ウェットタイプ側は60%から90%程度の水分が含まれたものになっています。

半生タイプと言われるものの水分はだいたい25%から35%程度ですね。

ドライタイプにおいては開封した後も長期保存ができ、手軽さと安価さから好まれています。

ウェットタイプは一度開封すると長持ちしないが嗜好性が良いと言われています。

自動給食機の基本機能は、タイマー設定で自動的に犬にごはんをあげること。

作りはメーカーによっていろいろで、設定できる時間の数が決まっているものから、時間設定を自由にすきなだけできるものまであります。

決められた時間になると自動給餌器のフタが開いたり、給餌口からドッグフードが自動で出てきたりして、ペットに食事をあげてくれます。

最近は給餌だけでなく、新機能満載な自動給餌器がみるみろ発売されてきていて、以前にも増して便利になってきています。

犬のお食事の頻数は朝と晩の1日1~2回が基本的法則ですが、もしできることなら1日の量を3回に限定されることなく分けてあげてください。

ちょびっとずつ食べることで消化吸収もしやすくなるのです。

動物は食事の量というよりも頻度で満足感を得ると言われています。

ごはんがもらえる回数が多いほど、犬にとって至福なひとときが増大して心もおなかも満足します。

ペットのごはんは、人間が食べても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。

犬の体に良くないペットフードと言うのは、基準値以上(法律で定められた以上)の農薬が残っていて出荷できない野菜など、人にとっても害のある廃棄用の食材が含まれています。

人が食べると害があるものは、人より内臓機能が弱いペットたちにとって良いわけがありません。

また、新鮮で良質な材料を使っているペットフードは、動物たちの食いつきも良いので、添加物など、害がある物質での加工の必要が無くなるのです。

そうだとしても、飼い主側が食べて確認するわけにもいきませんよね。

ドッグフードに使われているお肉や野菜などが新鮮かどうか、人間が食べても大丈夫なものかは、販売者のホームページに記載されているので、チェックするとよいでしょう。

原材料に自信があるドッグフードであれば、普通はホームページに記載されています。

続きはこちら⇒ペットの車の臭い消し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です