SIMロックフリーのiPhoneを準備する

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。

そうなったら、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

au等ですと6000円以上かかる料金が、MVNOだと1000円未満という料金プランも。

ここはひとつ、考えてみても良いと思います。

SIMとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードという名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。

一般に、帯域が太ければアクセスが増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる会社を選ぶ必要があることが分かります。

キャリアから購入したスマホや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

今あるスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

今現在、格安SIM、スマホを販売する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例えば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのに通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

この「回線帯域の太さ」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選ぶことをオススメします。

詳しく調べたい方はこちら⇒通話ができる格安SIMのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です