ペットと言えど必要とする栄養素は、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル

ペット用のエサはペットショップやスーパーなどで購入できる最も一般的なドッグフードには、袋入りの乾燥した固形のドライタイプと、真空パックだったり、缶に入っていたりするウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプとは水分がだいたい6%から10%程度に抑えられる一方、ウェットでは6割から9割程度水分が含まれています。

半生タイプの水分量は25%から35%程度になっています。

ドライタイプにおいては開封した後も長期保存ができ、手軽である上に価格も手頃なので人気があります。

ウェットタイプは一旦開封してしまうと、長持ちしないのですが、美味しいということで人気があります。

ペットのエサで一番重要なのは、栄養バランスがしっかりしていることです。

ごはんといっても、ホームセンターなどに行けば様々なものがあり、選択するのも一苦労だと思います。

ペットと言えど必要とする栄養素は、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルと人と変わりありませんが、人間と犬と猫では最適な栄養バランスは違うものです。

ペットのご飯は、人間が食べても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。

犬の体に良くないペットフードと言うのは、基準値以上の農薬が残っていて出荷できない野菜など、人に害のある廃棄用の食材が含まれています。

人間が食べて有害なものは、人より内臓機能が弱いペットたちにとって良いわけがありません。

また、新鮮な材料を使っているエサは、ペットたちの食いつきも良いので、添加物など、有害なものでの加工の必要が無くなるのです。

ただし、飼い主さんが食べてみるわけにもいきませんよね。

ペットフードに使われている食材などが新鮮かどうか、人間が食べても平気なものかは、販売者のホームページに記載されているので、確認してみてください。

原材料に問題がないペットフードであれば、普通はホームページに記載されています。

犬の食事の頻度は朝夕の1日1~2回が基本的法則ですが、もしできれば1日の量を3回以上に分けてあげてください。

チョロチョロ食べることで消化吸収しやすくなったりするのです。

犬はえさの量よりも回数で満足感を感じると言われています。

えさがもらえる回数が多いほど、犬に対しては嬉しい時間が、増加して心もおなかも嬉しい状態に。

引用:犬 餌 タイマー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です