毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが困難

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、普段の食生活の見直しも一つの手かもしれません。

精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、食生活が乱れていては卵子や精子の活発さは、望めません。

妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、栄養バランスの良い食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、葉酸の補給が不十分になると、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がお勧めです。

せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。

通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。

反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。

例えば不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、葉酸を摂りすぎる場合がありますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。

葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて簡単に管理できますから、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には大変便利だと思います。

ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。

また、流産といった危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

厚生労働省が推奨するように、妊娠の初期の段階で一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。

また、厚生労働省が推奨するようにサプリメントを活用するのも賢い方法だと言えます。

葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも問題ないでしょう。

でも、葉酸には不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。

ですから出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。

ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。

中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。

ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。

わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。

少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ぜひ実践してみてください。

葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも食べ物から摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。

しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。

ですから多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

総合的な摂取量としては足りていないかもしれません。

妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。

あるいは枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。

とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが困難な方も多いと思います。

普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリを飲むことも間違いではありません。

サプリメントであれば簡単に済ますことが出来ます。

友達の話ですが、妊活を頑張っていた頃、漢方を服用していました。

その子の話によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全に服用できると思います。

漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを授かりました。

ずっと頑張っていたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>骨端線の刺激は身長に効果あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です