普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。

なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。

当たり前ですが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。

二児の母です。

妊活をしていた時、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。

長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けに挑戦してみました。

その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。

主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。

それは吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。

妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。

ですが、それでかえって葉酸を摂りすぎる場合がありますので、気を付けてください。

葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか一目瞭然ですので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから葉酸サプリをおススメします。

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品に指定されているものもあります。

こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。

妊活中の体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。

葉酸が持つ効果としては、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、そのうえ、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。

ですので、夫婦どちらに対しても非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。

近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。

もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。

不妊に効果のある食べ物というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に必須の栄養が多いので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。

ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的です。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、つい忘れてしまったりして継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくることもありますよね。

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのがサプリです。

葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。

ですから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心できますよね。

妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。

食事内容はもちろん、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。

妊活中におススメなお茶では、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。

ですからいつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。

中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという事ですので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を減らす効果があります。

厚生労働省の発表によりますと、妊娠の初期の段階で1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合は葉酸のサプリを利用するのが良い選択だと思います。

管理人のお世話になってるサイト>>>>>サプリの効果はカルシウムにも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です