ビタミンB群に属する栄養素である葉酸

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。

厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。

葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

自治体の助成金制度を利用しても、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる例が多いのが実情です。

私は40歳以上の人こそ治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。

今年で40歳になる私ですが、常に急かされているような気がして、ストレスも限界です。

友人は妊活していた頃の話だったと思いますが、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。

彼女によると漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。

漢方であれば、妊娠中でも飲むことに抵抗がありませんね。

その漢方のおかげなのか、彼女は無事に命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、みんなでお祝いを計画しています。

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。

青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、果物に限った話では、イチゴが代表的ですね。

あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると知られていますね。

その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。

柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。

葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。

葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースを飲むのもおススメです。

妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。

不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。

妊活中において、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。

葉酸の働きは、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。

それに、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、それから、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。

ですから、夫婦共に是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。

では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。

殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体にとっても欠かせない栄養素なんですよね。

こうした点から、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。

ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。

ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。

ヨガを行う事で自律神経が整い、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。

妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。

自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動はこころとからだのバランスを整えると言われていますので、ぜひ実践してみてください。

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。

それは例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気を付けてください。

理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。

しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。

葉酸サプリを活用すれば、摂取量も一目瞭然ですので、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には葉酸サプリをおススメします。

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。

葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。

ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいますよね。

もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。

ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。

葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。

ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。

しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに何が入っていれば効果に期待を持てるのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。

そうした場合、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。

詳しく調べたい方はこちら>>>>>おすすめされたアルギニン身長サプリとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です