、製品スペック上のデータ通信速度は最大で150M

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、設備にきちんと投資をしていれば、データを素早く処理できるため利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなくサービス品質も考慮してサービスを選定する必要があることが分かります。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

ドコモの回線を使用している業者であればdocomoのiPhoneがそのまま使えます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

それでも使いたい場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、MVNOだと月々1000円なんていう料金になることが。

一回は、考えてみても良いかもしれません。

格安SIMや格安スマホを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。

でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。

具体例として昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

多くのサービス提供元もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「回線の帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

スマートフォンやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

参考サイト:おすすめの格安SIMでかけ放題プラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です