MVNOでもドコモ回線のところであれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます

現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、カタログスペック上の速度は最大でも150M程度など、どのMVNOも大差はない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」と「設備の品質」とはMVNOによって異なっています。

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

au等ですと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月々数百円という料金プランも。

とりあえず、検討してみても良いと思います。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

スマホや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるMVNOを選択した方が良いことが分かります。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMがよくわからない人や、メインとして使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯端末に、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月々1000円のものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

参考サイト:格安SIMで安定した速度を叩き出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です