よく分からない会社のサービスは不安

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードという名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。

スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

一般的には帯域が太い場合には、一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは残念ながら使えません。

その場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、ベースとして使って行けるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選択するというのもありですね。

格安SIMや格安スマホを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

例えば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

この「回線帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

スマホやタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMを利用することができます。

低価格のSIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

ソフトバンク等だと月に7000円以上もかかってきますが、格安SIMだと月額1000円以下なんていう料金になることが。

とりあえず、プランニングしてみても良いと思います。

参考にしたサイト⇒格安SIM 安定 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です