仮に格安SIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます

SIMとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれているIC型のカードのことです。

スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

仮に格安SIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。

au等ですと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと月額1000円以下なんていう料金になることが。

ここはひとつ、プランニングしてみても良いと思います。

格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、仕様としてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

たとえば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

多くのサービス提供元もドコモのネットワークを使用しているはずですが、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「太い回線帯域」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIM初心者の方や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。

その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

キャリアから購入したスマホや外でも接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用することができます。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなくサービス品質も考慮して選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

購入はこちら>>>>>格安SIM テザリング xperia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です