低価格のSIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます

通常のスマホやネットワーク接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

低価格のSIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

大手キャリアだと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと月々数百円という料金プランも。

一回は、見直しを考えてみてもいいかもしれませんね。

今、格安SIMを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろいろな仮想移動体通信業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、帯域の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「回線の帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIM初心者の方や、メインとして使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、ドコモやauが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

docomo回線の事業者であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

その場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなく基盤がしっかりとした会社を選ぶ必要があることが分かります。

参考:格安SIMとかけ放題をかけあわせて無制限に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です