格安SIM・格安スマホを提供する多くの仮想移動体通信事業者

現在、格安SIM・格安スマホを提供する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。
そのため、サービスのスペックとしての通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。
しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。
例えば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。
いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。
その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と設備のところに影響を受けるということがあります。
「データ回線帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。
低価格のSIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。
大手キャリアだと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者だと月々数百円なんていう料金になることが。
いったん、考えてみてもいいかもしれませんね。
データ通信が安くできる格安SIM。
1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。
高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。
格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。
MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。
けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。
それでも使いたい場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロックを解除する、または、下駄を使うことになります。
そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。
携帯端末に、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。
通常のスマホやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。
Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックが施されています。
しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMを利用することができます。
今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。
格安SIMはちょっと不安という方や、メインで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。
一般に、帯域が太ければユーザーやアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。
このような状況からMVNOを選ぶ場合は、値段だけでなく回線や設備の品質も含めてサービスを選定する必要があることが分かります。
実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。
これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
もっと詳しく>>>>>DMM mobileの口コミと評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です