サプリメントや補助食品

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

基礎体温でタイミングを見計らっても、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、自分はどうなのだろうと不安になりました。

病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、そう時間をおかず妊娠することができました。

薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。

妊娠しづらいように感じ始めたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。

たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。

基礎体温表は5分もあればつけられますが、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意事項もありますから、それを守ってつけていくことが大事です。

一日忘れても根気よく続けていきましょう。

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的な研究によって、明らかになっています。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。

実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品指定のものがあります。

こうした食品は私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが多いそうなんです。

皆さんご存知のように、葉酸だけを摂っても不十分です。

葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリを飲むときには、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが複数入ったサプリがお勧めです。

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。

妊娠しやすい体になるために、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も早めの摂取を心がけてください。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足したら、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。

実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。

そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になると知られています。

また、ダウン症予防の有効性も認められているので、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。

皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。

葉酸は、この時に重要な働きをします。

必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。

ですので、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。

しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかにどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないですよね。

そうした場合、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。

粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。

妊娠をきっかけに専門家による栄養指導を学んだり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。

こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

はかには、野菜もそうですね。

普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱に弱く大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。

妊活なんて聞くと、女性が行うものだと考える方も居ますよね。

ですが、男性にも出来る妊活があるんです。

それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。

不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母体に限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。

そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。

妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している成分ですよね。

普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しくなりますが、そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、葉酸サプリ等を利用すれば不足しがちな葉酸もちゃんと補給することが出来ます。

こちらもどうぞ⇒亜鉛サプリと身長について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です